焼津 藤枝 家事代行メーベルとダストバースのストルツ

家事代行サービスの必要性

  • HOME »
  • 家事代行サービスの必要性

高齢世帯の現状

65歳以上の高齢者のいる世帯は、平成27年現在、世帯数は2,372万世帯であり、全世帯(5,036万1千世帯)の47.1%を占める。
その内、「夫婦のみの世帯」が一番多く約3割となっており、「単独世帯」と合わせると過半数を占める。

65歳以上の高齢者について子供との同居率をみると、昭和55年にはほぼ7割であったものが、平成27年には39.0%となっており、子と同居の割合は大幅に減少している。単独世帯又は夫婦のみの者については、昭和55年には合わせて3割弱であったものが、平成27年には56.9%まで増加している。

内閣府 平成29年版高齢社会白書より抜粋

家事代行サービスの必要性

核家族化が進み、高齢者のみの世帯は今後さらに増える傾向にあり、高齢者が自宅で健全な生活を送るためにの支援が必須になります。自分の両親と同居ができない子ども世代が、両親の生活支援として家事代行サービスを利用するケースも増えています。高齢者でも家事は減らないのです、逆に家事が減るような生活は健全ではないと言えます。
メーベルは焼津市と藤枝市の高齢者に快適な自宅生活を送っていただけるよう、家事代行サービスを提供しています。

お気軽にお問合せ下さい TEL 054-626-0039 営業時間9:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 焼津 藤枝 家事代行のストルツ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.